お口全体を健康に維持する治療をEngagement

お口全体を健康に維持する治療を

虫歯になった歯を治療する」「歯周病の症状が見られた部分を治療する」――。これが、かつての歯科治療の形であったといえます。しかし悪くなった部分だけをその場しのぎのように都度治療しても、また別の悪い部分が出てきてしまい、逆に治療を重ねる一方となってしまいます。

吹田市、北千里・山田駅の歯医者「こうつ歯科クリニック」では、来院された患者様に対し、症状を訴えられている部分だけでなく、必ずお口の中全体を一口腔単位として考え診察することを欠かしません。そこで重要視しなければならないのが、咬合(こうごう:噛み合わせ)です。当院では咬合をしっかりふまえ、お口全体の健康を維持するための診療をご提供します。年齢を重ねても自分の歯を残せるようにしていきましょう。

こうつ歯科クリニックが目指す歯科医療

こうつ歯科クリニックが目指す歯科医療

当院では、「悪いところができたらその都度治す」というスタンスでの診療は行いません。なぜなら、そのような治療は長持ちさせることができないからです。

そこで当院では、「悪い部分はもちろん、それ以外の部分までお口全体を一口腔単位と捉え、しっかり診査・診断したうえで、長期的に健康な状態を維持するための総合的な治療をご提供する」ということに重きをおいています。

「虫歯ができたら歯を削る」というだけでなく、なぜそうなったかの原因を追求し、それを取り除くことを考えなくては、虫歯はまたできてしまうでしょう。当院ではそのような悪いループを生まないための、長い目で見た診療をご提供します。

その場しのぎの治療では意味がありません

その場しのぎの治療では意味がありません

たとえば痛みを感じて歯医者へ行き、虫歯治療をして痛みがなくなったとします。しかしその部分が歯周病になっていたら、せっかく治療した歯もいずれ抜け落ちてしまうかもしれません。また噛み合わせが乱れていたら、詰め物や被せ物で補っても、食べ物をしっかり噛むことはきないでしょう。

これが、「その場しのぎの治療」に伴うリスクです。本当に意味のある治療をするなら、お口という、たくさんの歯や、歯ぐき、顎、顎の骨といったさまざまなパーツが互いに影響し合って成り立っている器官の性質を理解し、どんな処置が必要なのかしっかり見極めることが大切なのです。

健康なお口を維持するための根本的な治療を

健康なお口を維持するための根本的な治療を

健康なお口を維持するために重要となるのが、歯周病治療です。なぜなら、もし虫歯がなく健康な歯だったとしても、それを支える顎の骨や歯ぐきが健康でなければ、その歯は支えきれなくなってしまうからです。

つまり、歯周病治療は「歯の土台を守る治療」だといえます。根本的にこれがしっかり行えていなければ、虫歯治療や、歯を美しくする審美歯科治療、またインプラント治療などもムダになってしまいます。

お口全体に対ししっかりと診査・診断を行い、どこが悪いのか、なぜそうなったかを追求し、そのうえで一人ひとりに適した治療計画を立案。それに基づいて適切な治療を進めること。これが何よりも大切なのです。