小児矯正(子供歯並び) Pediatric correction

小児矯正(子供歯並び)

子供の歯の矯正は未来への投資!
そして、親の愛情です!

『子供が笑うたびに歯並びが気になってしまう。
親として、自分に今何かできることはないでしょうか?』 
そう思われている親御さんは沢山いらっしゃいます。それこそ、子を思う親の愛です。

子供のときに矯正をするメリットは計り知れません。その中でも最大のメリットは成長を良い方向にコントロールできることです。それによって、『出っ歯』や『受け口』を防いだり、場合によっては大人なら歯を抜かなければならないときでも、子供から矯正をすると歯を抜かなくてよいこともあります。


マウスピース矯正 表側からの矯正
マウスピース矯正 表側からの矯正

小児矯正は子供の未来への投資です。そして、子供が大きくなったときに必ず歯並びの大切さに気づいてもらえるはずです
小児矯正はすぐにワイヤーやマウスピースの矯正ではなく、成長をコンロトールするための様々な装置をつけることがありますのでまずはご気軽にご相談ください。



当院の院長は、矯正治療のインストラクターです


当院の院長は、矯正治療のインストラクターであり、他の歯科医師に矯正治療を指導する立場でもあります。安心してお任せください。ワイヤー矯正とマウスピース矯正の両方の治療を行うことが可能です。

マウスピース矯正について


当院で矯正治療した患者様

当院で矯正治療した患者様

子供のマウスピース矯正『インビザラインファースト』

マウスピース矯正の代表であるインビザラインが小児矯正のために『インビザラインファースト』を開発しました。これによって子供でもマウスピース矯正が可能となりました。装置を嫌がるお子さんでも、カッコいいファッショナブルな最新の矯正治療ならやってくれるかもしれません。 学校で思いっきりお友達に自慢しちゃいましょう! (症例によっては、インビザラインを使用できない場合もございます。一度、ご相談ください)


マウスピース矯正 表側からの矯正

インビザラインについて

小児矯正のメリット (大人の矯正との比較)
  1. ①骨が柔らかいので歯が早く並ぶ
  2. ②大人よりも痛みが少ない
  3. ③顎の成長による受け口や出っ歯の抑制ができる
  4. ④顎の成長をコントロールできるので、歯を抜く可能性が減る



デメリット
  1. ①子供の協力が得られない場合、治療がスムーズに進まない
  2. ②歯ブラシができないと虫歯になってしまう(親御さんのチェックが必要です)
  3. ③マウスピース矯正の場合症例によってはワイヤー矯正が必要なときがある


当院はマウスピース矯正、ワイヤー矯正 どちらにも対応しております。お子さんの発育や歯の生え変わりの時期によって併用する場合もございますので一度ご相談ください

矯正歯科のページへ

治療費用

※料金表は左右にスクロールして確認することができます。

種類 金額
矯正診断検査(小児・成人) 32,400
小児矯正/早期治療(Ⅰ期治療・3〜12歳くらい) 486,000
小児矯正インビザライン ・ファースト(7〜11歳くらい) 648,000
成人矯正ワイヤー(Ⅱ期治療・12歳くらい〜成人) 972,000
成人矯正インビザライン(Ⅱ期治療・12歳くらい〜成人) 1,080,000
毎回の調整料(歯石とり・抜歯・むし歯の治療等は除く) 2,700/30分

※すべて税込


アプラスデンタルローン

当院はデンタルローンもご用意させて頂いております。ご希望の方がおられましたらスタッフまでお尋ねください。