歯並びの乱れ、問題は見た目だけではありませんBite

歯並びの乱れ、問題は見た目だけではありません

歯並びの乱れには、「出っ歯」「すきっ歯」「受け口」などさまざまな種類があります。これは見た目だけの問題だと思われるかもしれませんが、そうではありません。実は機能的にも、さまざまな問題を招く原因になっているのです。

吹田市、北千里・山田駅の歯医者「こうつ歯科クリニック」の矯正歯科では、お子様だけでなく大人の方の矯正治療にも対応しています。目立たない装置のご提案も可能ですので、お気軽にご相談ください。

矯正治療のメリット

矯正治療で正しい歯並び・噛み合わせを手に入れることには、次のようなたくさんのメリットがあります。

Merit 01 Merit 02
見た目がコンプレックスになっている方も自信が取り戻せ、自然に笑えるようになったり、他人とのコミュニケーションにも積極的になれたりします。 ブラッシングがしやすくなり、汚れが残りにくくなって虫歯歯周病のリスクを低減できます。
Merit 03 Merit 04
噛み合わせが整うことで正しい力のバランスで咀嚼(そしゃく)できるようになり、一部の歯に負担をかけることがなくなります。その結果、それぞれの歯の寿命を延ばすことができます。 食べ物がきちんと咀嚼してから体内に取り込まれるため、栄養の吸収がスムーズになる上に、胃腸などへの負担も軽減されます。

このような症状ありませんか?~歯並びチェック~

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
叢生
(そうせい)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 叢生(そうせい)
上の前歯、もしくは歯列全体が前に突き出している歯並びです。いわゆる「出っ歯」です。 下の前歯、もしくは歯列全体が前に突き出している歯並びです。いわゆる「受け口」です。 歯が重なり合ってでこぼこに並んでいる歯並びです。「乱杭歯(らんぐいば)」ともいい、八重歯もその一種です。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
交叉咬合
(こうさこうごう)
開咬
(かいこう)
過蓋咬合(かがいこうごう) 交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
上の歯列が下の歯列を深く覆っている歯並びです。歯肉を噛む、うまく咀嚼できないなどの問題があります。 噛み合わせがずれ、一部分互い違いになっている歯並びです。顎がゆがむ、うまく咀嚼できないなどの問題があります。 奥歯を噛み合わせても前歯が閉じない歯並びです。食べ物を噛み切りにくいのが問題です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

治療メニュー

メタルブラケット

メタルブラケット

歯の表面に金属の小さな装置「ブラケット」を装着し、ワイヤーを通して歯に力をかけて正しい位置に動かしていく治療法です。もっともポピュラーな矯正治療法であり、装置は目立ちますが比較的費用を抑えられ、多くの症例に適用できます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、セラミック製の白いブラケットを用いた治療法です。メタルブラケットより費用は高くなりますが、白いため目立ちにくいのがメリットです。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

ブラケットを、歯の表側でなく裏側(舌側)に取り付ける治療法です。装置が表から見えないことで、治療していることを他人に気づかれにくくなります。

インビザライン (マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

インビザライン (マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

歯型を採ってつくった透明のマウスピースタイプの装置を、歯の動きに合わせて一定期間ごとに交換し、正しい位置に動かしていく治療法です。透明なため目立ちにくい上に、取り外せるため食事やブラッシングの際にも支障がありません。