お子様の歯を守るためにChild

お子様の歯を守るために

子どもの乳歯は永久歯よりやわらかく、虫歯になりやすいのが特徴です。また一度かかると進行も早いため、大人よりも注意が必要だといえます。

吹田市、北千里・山田駅の歯医者「こうつ歯科クリニック」の小児歯科では、子どもの歯の特性をふまえ、年齢や成長に合わせた診療をご提供します。適切な治療・予防で、お子様の歯を守ってあげましょう。

子どもの歯医者、いつ連れて行けばいい?

「子どもの歯医者、いつ行くのがいいんだろう?」かわいいお子様を虫歯にさせたくないと思いながら、歯医者に行くタイミングがわからず悩んではいませんか? こちらでは、お子様の歯科通院に適した3つのタイミングをご紹介します。

タイミング1: 初めての乳歯が生えたとき(生後6~8ヶ月ころ)

タイミング1: 初めての乳歯が生えたとき(生後6~8ヶ月ころ)

乳歯は表面のエナメル質がやわらかく虫歯になりやすい歯です。乳歯が生えるのと同時に虫歯リスクも生じるため、一度お子様をお連れください。診察はもちろん、今後のケア方法についてのアドバイスなどもさせていただきます。

仕上げみがきが大切です

乳歯が生えたら、初めは濡れたガーゼでふいてあげることから始め、徐々にご家族の方が仕上げみがきをしてあげましょう。お子様が自分の歯ブラシを持てるようになってからも、必ず仕上げみがきをしてあげてください。仕上げみがきのポイントは次のとおりです。

Point 01 Point 02 Point 03
仕上げみがきをする人のお腹に頭がつくように仰向けでひざに寝かせ、お口の中をしっかり覗き込みながらみがいてあげましょう。 歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持ち、歯の生えている部分を残らずみがきましょう。 お子様の集中力が切れてしまわないよう、短い時間ですませましょう。
タイミング2: 乳歯が生えそろったとき(1~3歳ころ)

タイミング2: 乳歯が生えそろったとき(1~3歳ころ)

歯の本数が増え、大人と同じものを食べるようになると、虫歯リスクは高まっていきます。自治体の「1歳半健診」「3歳児健診」で、虫歯のチェックを受けましょう。

乳歯はいずれ抜け、永久歯に替わるからといって虫歯になっていいということはありません。乳歯の虫歯は永久歯の虫歯リスクを高めてしまいます。放置せず、きちんと治療を受けましょう。

タイミング3: 永久歯に生え替わり始めたとき(6~12歳ころ)

タイミング3: 永久歯に生え替わり始めたとき(6~12歳ころ)

乳歯から永久歯に生え替わっていく時期になり、お口の中は大きさの違う歯が混在しています。汚れが溜まりやすくブラッシングがしにくくなり、さらにお菓子などの甘いものを多く食べるようになることで、虫歯リスクが高まる時期です。

引き続き仕上げみがきをしてあげること、また定期検診に通ってクリーニングやフッ素塗布などの予防処置を受けることをおすすめします。

子どものころからのケアが重要です

子どものころからのケアが重要です

子どもの虫歯は軽く見られがちですが、実は子どものときに虫歯にかかったことをきっかけに、大人になってから歯を失ってしまうというケースがとても多いのが現実です。つまり一生自分の歯を残せるかどうかは、子どものころからのケアにかかっているといえます。

「乳歯はそのうち抜けるから、多少虫歯になっても……」ということはありません。子どものころから定期検診に通い、虫歯にならないようしっかり予防していくという意識をお子様自身に植え付けることが大切なのです。

小児歯科メニュー

TBI (ブラッシング指導)

TBI (ブラッシング指導)

子どものお口の中は、年齢や成長のスピードによって一人ひとりまったく異なります。それぞれの特徴に合わせ、適切なブラッシング方法を指導します。歯ブラシの選び方、デンタルフロス・歯間ブラシの使い方などもお教えしますので、何でもご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化し、虫歯菌への抵抗力を高める効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。ごく初期の虫歯であれば、これによって歯の再石灰化が促され、治癒につながるケースもあります。

シーラント

シーラント

奥歯には深く複雑な形状の溝があり、そこに汚れが溜まって虫歯になりやすくなります。そこでその溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯を予防します。